痛くない歯医者が努めていること

誰しも歯医者は通いたくないものである。特に小さな子どもは治療の痛み、音を嫌がる傾向にある。
治療のために通うのであれば出来る限り痛みは抑えたいものである。
特に歯医者で痛みを感じるのは、麻酔の注射の痛みではなかろうか。
今、その痛みをなくすために針のない麻酔用注射器を導入している歯医者が出てきている。
仕組みとしては、麻酔液を高圧・高速のジェット噴流として浸透させる仕組みの注射器というものである。
また、添付するタイプのジェル麻酔や歯肉に貼るペインレスシール麻酔というものもある。
ただし治療内容や治療箇所によっては、従来の局所麻酔が必要な場合がある。
また痛くない歯医者を目指しているところでは、レーザーの痛みを和らげ、「削る」「抜く」ことを最小限にしているそうだ。
そうすることによって不快な「キュイーン」という音や「ガリガリ」という振動がなく、痛みを少なくできる。
また、麻酔をほとんど使わずに治療できることもあるそうだ。さらに殺菌効果も高いので、治療後の経過も良好になる。
痛くない歯医者を探している方は、受診前に一度歯医者のホームページを閲覧し確認してから行くことをおすすめする。